ギラヴァンツ北九州&サッカー観戦記

ギラヴァンツ北九州の試合を中心に個人的な感想を述べるブログです。

5/9 Vファーレン長崎戦 

5/9 Vファーレン長崎

 

結果は・・・AT弾を喰らい0-1で敗戦!!!

 

結果以上に内容がひどい。毎度のことながらシュート数の少なさに絶望的になる。

スタメンとフォーメーション

f:id:KOPGirasole:20210509203111p:plain

ほぼ前節栃木戦と同じで、途中交代メンバーがスタメンに上がった感じ。あと乾が先発復帰。

悪かったとはいえ、それでも前半は攻守にバランスの取れた戦い方をしていた。いや攻撃はお世辞程度だったが、守備に関しては前半終了間際に立て続けにシュートを打たれる場面が多かったが、おおむねよくやっていたと思う。

本村ー村松と小型CBが並んだが、エジガル・ジュニオ、都倉のFWを1vs1でもよく抑えていた。本村CBはRSBの時と比べるまでもなく抜群の安定感。

そして今季初RSB先発の藤谷。これまで先発で使われてきた野口、生駒、本村と比べるとは比べられないくらい攻守で動けるSB。コンディションさえ万全なら変える余地はない。そして左に入った乾。CBの高さを考えるとここは長身SBが欲しいのは頷けるが、攻撃に関してははっきり言ってムラがありすぎてまともに使える感じはしない。一つ前の選手がもっとボールキープできる選手ならばもう少し前目でプレーできる機会はできるかもしれない。

このDFラインに井澤のボランチ。今回はCBの脇ではなく真ん中に降りてダウンスリーを形成していた。ロングパスが上手く、最後方からのビルドアップという点では彼以外に選択肢はないだろう。今日のボランチの相方も髙橋。守備に追われる機会が多く、攻撃面では不完全燃焼といった感じだった。

 

今日特にひどかったのが前線の4枚。佐藤亮、富山、永野、前田。両サイドの2人はパスには絡むのだが選択肢がほぼ横パス、バックパス。かばう点があるとするならば両選手とも本職とは違うポジションだということ。いくら隔離選手がいて選手数が足りないとはいえ、本職としてできる選手をベンチに座らせておいてコンバート選手をスタメンで使うというまともじゃない采配。そもそも前節お世辞にもうまくいっていたとは言えない2人を継続して使う迷彩配には脱帽するしかなかった。

ましてや前節決勝アシストを決めスタメンチャンスを手にした斧澤を控えに回し、永野を重用するあたり監督として終わっているなと思う。今日もロストマシーンと化した左サイドは相手からも格好のボールの狩所とされていた。

 

 

その後交代の1枠として藤谷→六平 2枠目前田→野口

監督の試合後のコメント。攻撃的に行こうとして野口起用とのこと。

少なくとも小林監督の中では野口=攻撃的な選手というイメージなのか。いろいろと見る目がないなと思ってしまう。この2人を入れた時点で、髙橋を右に押し上げ、六平ボランチ、野口SBという感じなのかと思ったのだが、単純に選手の入れ替えだけだった。

 

そしてその後いつもの前線3枚替え。変えるメンバーが同じ過ぎて攻撃的にいきたいのか現状のままなのか、メッセージ性のない交代。0-0で終わらせたくないのならば、富山か佐藤のどちらかは残すべきだったように思える。交代メンバーが今季公式戦0得点の3選手の時点で察しが付く。つまりは得点の気配がしない選手達の組み合わせをこの終盤に持ってくるあたり今後を見据えた起用なのか、何が何でも勝ちたいのか、それとも何も考えてないのか。おそらく何も考えておらずただ交代がテンプレ化しているのだろう。

 

今後も小林体制が続く限り、大きな変化は訪れることはないだろうが、13試合経過してようやくフルメンバーがそろい始めたのも事実。コロナ隔離選手が合流すればある程度固定したメンバーが組めるだろう。

 

結局余計なコンバート案は機能していないので元のポジションに戻し、選手間で争わせる。今日のメンバーに針谷が加わるのならばますますトップに当てるサッカーはしなくなると思うので横並びの2トップに変える。これだけでも前線の選手のポジション争いは激しくなるだろう。今月までにメンバーを固められるのならばこれまでの敗戦も捨てたものではない。去年の昇格チームも見てもわかるが連勝できるチームしか上位になることはない。去年の後半戦の失敗を見て、前半戦15位くらいで終えても、後半戦1位で終えるくらいの成績を残せば昇格できる可能性はあるという事なのか。

 

とはいえ選手層が薄いことには変わりがないので、補強は必要だろう。井澤がいることでボランチは最低限埋まったのであとは左サイドを根本的に変える必要がある。戦術面で理解のある椿復帰と、大分の福森レンタル理想だが、2人を上回る選手を獲得できればいう事はない。

5/5 栃木SC戦

5/5 アウェイ栃木戦

 

2-1で逆転勝利!!

 

約1ヵ月ぶりの勝利、しかも劇的AT弾と連敗中かつコロナ感染者のでたチームにとってはとても嬉しい勝利になりました!

 

コロナ隔離と連戦ターンオーバーを考慮してか、新しい選手、久々の選手を多数起用。

f:id:KOPGirasole:20210505205112p:plain

5/5 栃木戦スタメン 交代選手

初起用となったのは右SHの前田、ボランチ井澤の2名。

そして髙橋大悟をボランチで先発起用。結果的に今日はボランチ髙橋なくして試合が成り立たなかったくらいの攻守に奮闘。2~3人分の仕事をこなしていた印象。

今季初となるFKからの同点となる直接ゴールと小林監督の予言通りの活躍。多分練習見て相当いい感じに蹴れていたのだろう。

 

まず右にはいった前田くん。プロデビューとは思えないほど落ち着いたプレーぶり。目立ったプレーはなかったが同時にミスも少なく周囲とよい関係を築けていた。監督のコメントから複数のポジションをこなせるとのことで、大学時代は左SBだったので両サイド安定したプレーができるのは大きい。経験を積んでいけば同じような役割の野口を超える日も遠くないだろう。

 

そしてこの日の一番の収穫なのは井澤。プロとしての公式戦自体まだ1桁の出場数なのだろうけど、それを感じさせない足元の技術。さすがは浦和ユースからトップに昇格しただけのことはある。今後も怪我さえなければスタメンは間違いない。申し訳ないがボランチ永野とは比べられないくらい技術とそれに加えて上背もあるのが大きい。去年の加藤弘堅をはるかにアップデートできる逸材に成長しそう。今日は誤審ともとれるボールロストから失点のきっかけとなったが、今後の成長の糧にしてくれれば安い失点ととらえたい。

 

そして交代出場となった斧澤+富山の2人で逆転ゴールを演出。富山は先発で多くのタスクを担わせるよりもスーパーサブとして得点を取るという役割のみに徹した方が合っているのかもしれない。もしくは先発させたとしてもトップよりは開幕1節、2節でやったトップ下が適任なのだろう。ポスト役の平山よりも久々の出場となった佐藤亮のような前線で動きまわるタイプとの組み合わせが最適解となりそう。

 

アシストを決めた斧澤。松本山雅戦のようなところどころ気になる失い方もあるが、今日のような思い切ったプレーもできるのが好印象だった。先発で長い時間プレーするのも見てみたい。

 

久々出場の佐藤亮。腕の怪我かと思っていたが、ひざ周りにあるテーピングをみると足の怪我がわりとひどかったんだなと確認。次節もサブかな。

 

今日の先発のような平山+前川の組み合わせ。スタート位置が低い感じはしたが、引いて受けられる平山と、スピードとドリブルで裏に抜け出せる前川の組み合わせは今までの2トップとは違うタイプでTRMで得点が取れていたのも頷ける組み合わせだった。あとは今日のサイドハーフが違う選手だったらもっとチャンスをつくれていたのかもしれない。

 

後半開始からの出場となった本村。本職のCBで初起用となったが明らかにSBよりも動きやすそうで今後はCBが主戦場となりそう。村松と組むと上背の無さが気になるので、当面ライバルは村松、岡村か。交代した河野は怪我なのか、ミスを考慮してなのかは分からないが、もし怪我なら本村CBは今後も続くかもしれない。

 

良かった点を挙げていったが当然印象が悪い場面も…

 

まずは生駒。髙橋、前田と上手く連携して抜け出す動きはできていたが、守備面でのパスミス、クリアミスが多く、失点につながりかねないミスが目立った。河野が怪我だとしたら本人が自信を無くす前にCBに戻した方が良い。

 

そして左サイド、永田、永野。栃木の右サイドが攻撃的に来ていたとはいえ、攻め込む回数が少なすぎる。バイタル近くまで侵入しても2人で横パス、バックパスを繰り返し結局途中でロストして完結できない場面が多く見られた。これは今日に限ったことではなく、2人ともボールキープも個で勝負もできない、タイミングで抜け出すタイプの選手であるためタメがつくれずに、栃木のように強いプレスでくる相手だとファウルを受けてつぶれるか、横パス、バックパスで逃げるしかできないのが左サイド攻撃停滞の原因だった。

 

特に永野はパスが弱く雑すぎる。トラップも浮かせ気味。フィジカルも強くないので少しのミスで一瞬で寄せられて狩り取られる可能性があるのが恐ろしい。同点ゴールの起点となる中央の抜け出しでファウルを受けたのだけが個人的には今日唯一の良かった点だった。それ以外は・・・・な内容だった。斧澤が調子をあげて新垣とスタメンを競い合ってくれれば永野にもいい刺激になるだろう。ボランチ起用も今日の井澤を見ればしばらく永野ボランチも必要ないかもしれない。とにかく今一度止めて蹴るの基礎から鍛え直さないと背中の11番が泣く。大悟とかいい手本がいるのに見てないのかな。

 

最後にGK吉丸。吉丸に限ったことではないがGKからのビルドアップはDF陣の足元の技術を見ても考えなおした方がよさそう。繋いでいこうという姿勢はいいが、見ていて不安定すぎる。相手からしてみればプレッシャーをかければ1点もの、最悪コーナーか高い位置でのスローインが取れると思われても仕方がないほどの拙さ。今日の14時からのゲームで新潟のビルドアップをみたが川崎Fばりのサイドでのパス交換からのプレス回避は見事だった。あそこまでの技術があってこそのGKからのビルドアップなので、慣れないうちは試合では素直に前に蹴っておけばいい。練習で上手くこなせてからが本番だろう。

そして吉丸のパントキックの精度もまだまだ向上が必要。AT終了間際にパントで逃げるシーンがあったが自陣近くのタッチラインを割るキックに上杉コーチの喝が聞こえた。去年ロングスローから失点している相手だけにスローインすらさせたくないのは事前に伝えていたはずだからだろう。こんなに公式戦に出るのが初めてだとしても今後そういう細心のケアは必要だと思う。

特に昨今のロングスロー対策にスロワーの目の前に人を立たせ、投げるタイミングで飛ばせる対策をとってきているチームが増えてきたので、この辺りは真似をする必要があると思う。

 

 

今度の日曜日が長崎との九州ダービー。長崎は監督が交代となった初戦、何が何でも勝ちに来るはず。しかも監督は小林監督の同僚、同郷、同級生の松田浩。去年は惜しいところで勝ちを逃しているだけに、ホームでの初勝利を兼ねて不調の相手を叩いておきたい。

5/1 松本山雅戦

5/1 松本山雅戦、結果は1-2で敗戦

 

昨日は久々の現地観戦。観客2700ちょっととGW初日にしては寂しい数でした。

 

 

内容・・・メンバー自体の入れ替えはあったものの戦術自体大きく変わった点もなく毎度同じやり方、やられ方。

攻守において現在4-2-3-1可変システムが機能していない。

一番大きな理由はSBの機能不全。現状誰を当てはめても上手くいかない。

薄すぎる選手層に問題があるのももちろんだが、同じやり方に固執しすぎなところも問題がある。

選手ごとに特徴が違うのだから違うアプローチの仕方も考えてほしいところ。

 

昨日の試合でいえば右SBにはいった本村。数試合このポジションで見たが

スピード× クロス× ドリブル× 正直言って北九州のスタイルにあったSBではない。

別のやり方でははまりそうではあるが、守備的なSBという点では機能しそう。

攻撃のセンスというかアイデアのなさが生駒と似ている。個人的には本村を右SB起用するくらいなら生駒の方がまだいい。しかしながら二人ともSBのタイプの選手ではないというのが個人的見解。

藤谷を頑なに使わない辺り怪我なのか、普段の練習でよほどうまくいってないか、監督の好みにはまってないか、いずれにしろ出し惜しみできるような順位でもないわけで他にフィットする選手がいないのであれば実際にフルで出してみて、それでダメなら諦めがつくサポーターも多いのではないだろうか。

 

 

FWに関してルーキーの狩土名が後半途中からデビュー。平山、富山とも違ったスタイルで意気込みは今までの選手とは違い目に見えて感じられた。明治伝統スタイルなのだろうか、メンタルは佐藤亮に似ている。組むなら富山ではなく平山と組み合わせてみたいような感じだった。

もう1人斧澤が今季初出場。ミスが多くあまり見せ場もなかったが、使っていない選手を使いだしたのはいい傾向なのかもしれない。

 

11試合終えてみて・・・勝てないけど負けないから、勝てないし負けるという現状にどこかで大きく舵を切るべきなんじゃないかと思う。昨日今日始めた新米監督じゃあるまいし、それくらいの見極めができず一人よがりのスタイルを貫くのならば潔く身を引いてほしいというのが本音だ。現場からは退くがおそらくSDとしては続けるのだろうけど、影響を受けない人物が監督になってくれるのが望ましい。