ギラヴァンツ北九州&サッカー観戦記

ギラヴァンツ北九州の試合を中心に個人的な感想を述べるブログです。

開幕戦感想 その2

アルビレックス新潟戦感想 その2

 

良かった点

ベテラン新戦力、富山、六平の順応の速さ

佐藤亮の最前線でのプレス

岡村、加藤、控え組のベンチからの声

 

悪かった点

DFラインの強度の低さ

全体的なパスの精度の悪さ

動き直しのない攻撃陣

 

 

昨日の試合で一番ひどかったのはパスミスによるボールロストの多さ

保持率50パー同士。去年負けている状況でもここだけは譲らない試合が多く、ボール保持する時間を増やし、相手陣内不覚に押し込むことで高く配置するサイドバックのリスクを減らしてきた昨年。隣の味方へのパスを引っかけられてのカウンターが多かったせいで、3点差がつきやや守備的にシフトした新潟に対しても50%までしかボール保持できなかったのを見ても試合通してこれを実行できていなかった証拠だと思う。

 

中央に配置を固め、サイドへボールを促した新潟に対して有効な作戦はサイドチェンジだと思ったが、SBからのパスはことごとくタッチラインを割る始末。端から端が無理そうなら味方DF1つ飛ばしでもいいので新潟ディフェンスを左右に振らせたかった。

 

正直言って簡単にサイドチェンジをさせなかった新潟のディフェンスが良かったのもある。特に本間至恩、ロメロ・フランクの両サイドが北九州のSB、CB、ボランチへ圧力をかけ続けていたのが大きい。そしてSBの堀米、藤原が気の利いたプレーを見せていた。1つ前の味方が守備で頑張ったら攻撃をサポートし、攻撃へ上がった際は空いたスペースを上手く埋められていた。悔しいことに特に藤原奏哉は攻守両面で北九州のサイドを制圧していた。開幕前に控え扱いにしたことをとても申し訳なく思う。

ロメロ・フランク、本間至恩ともに途中交代しているのを見るとやはり攻守にオーバーワーク気味に動いていたんだなと思った。5人交代制なのでこういうこともアルベルト監督は計算にいれているのだろう。

 

そして相変わらずというか棒立ちになりがちな北九州の前線の選手達。サイドの選手にものすごい突破力があって、そこで1枚はがしてからの相手DFにできたスペースを突くなんて攻め方を昨日の野口、永田では期待できない。

2人ともタイミングを図った裏への抜けだしタイプの選手に見えるので、前川、富山、髙橋がマークを連れて下がってくるか、ディフェンスラインに入っていないボランチの片方が前へ走るかしないとそうそうチャンスは創れなさそうだった。針谷が何度か富山と入れ替わりエリア内で受けてシュートを打てる形を作れていた。トップ下に大き目な選手をスタメンで使う傾向が強いのはこの形を作りたいからなのだろう。今後も継続的に再現できれば中盤の選手に得点が生まれそうだし、富山が受けて味方に一度戻すのではなく、そのままターンして抜けてシュートという形もできそうで期待できる。

とはいえ、サイドからの攻撃もなくてはならないので藤谷、乾のまだ出ていない2人に期待するしかない。

 

 

去年も開幕戦のDFラインはその後しばらく使われなかった傾向があるので、今年もそのパターンなのか。

ちなみに去年の開幕スタメン、左から新井、川上、生駒、野口。このうち生駒以外はその後スタメンを張る機会はほとんどなかった。その生駒ですら定着したのは11月から。開幕戦をそのシーズンのディフェンスラインの当落線上の選手を使うようにしているのか。まぁ去年も開幕戦は攻撃の形も全く見えなかったし、その後上昇するための捨て試合なんだと強がることにして感想をしめます。

 

それにしても新潟さん、前評判通り強かった・・・ジンクス通りなら昇格に!!

完敗の開幕戦・・・

開幕戦見に行ってきました!

 

 

結果は・・・・・・・・・・・・・1-4でアルビレックス新潟さんの勝利!

まさに完敗、北九州サポーターにとっては最悪の開幕戦となってしまいました。

スタメンとキックオフ時のフォーメーションから

f:id:KOPGirasole:20210227205938p:plain

2/27 アルビレックス新潟戦 スタメン

昨年と同じような2トップが縦関係の4-4-2

(*針谷、六平のポジショニングが逆でした)

 

先発で意外だったのが野口、佐藤喜の2人。期待していた藤谷はベンチにすら入らず。

怪我なのかもしれないなぁ・・・長期じゃないことを祈る。

 

個人的に採点もしてしまいます。

吉丸 5.5 決定的な場面を数度セーブ。失点場面は個人ではどうしようもないものが多かった。強いて言えば4点目の場面は止められれば少しは変わったかもしれない。やや可哀そうな北九州デビュー戦となった。

 

野口 4.5 攻撃面で効果的な動きがあまり見せられなった。幅を取って高い位置にポジションニングはしていたが、逆サイドで手詰まりになった感じがあっても内に寄ってボールを受けたり、裏ぬけする動きを見せるなどして相手を動かしてもよかった。4失点目となった場面での判断、サイドに押し込んでもボールを奪いきれない、と守備面でもいまひとつだった。

 

村松 5 同じパターンでの3失点、ディフェンスリーダーとしてもキャプテンとしてもどうにか修正してほしかった。村松個人としては平常通りだったが、1人で守備に苦心していた。

 

佐藤喜 4 失点全てに関与。オウンゴールした時点で精神的にいっぱいいっぱいな感じを受けたので交代させた方が良かった。細かなトラップミスも多く後半は常に狙われていた。スタメンで出場するにはまだ力不足という印象。

 

永田 4.5 ロメロ・フランクへの対応に終始苦労していた。結果攻撃面でもドリブル、クロスともに精彩を欠く。佐藤喜との連携もイマイチで、そこを元同僚藤原奏哉に突かれた形となった。

 

六平 6 前半に見せた中盤からのロングパス2本が大悟へのアシスト未遂、富山へのアシストと、今後も武器になりそうな予感。ただ現在の北九州のスタイルでのポジショニングにまだ不慣れな感じが見えた。今後メンバーが固定されていけばボランチとしては不動になりそう。もう少し声を出してコーチングしてもよかったと思うが、ひょっとしたらそういうタイプではないのかもしれない。

 

針谷 5 ディフェンス面で本間至恩へのケアに手を焼いていた。前半らしくないパスミスを連発していたが、後半にはいって本来の縦パス、エリア内への攻撃参加等らしさを見せた。今日のように前から来る相手だと低めの位置でビルドアップに組み込ませた方が良さをもっと出せるかもしれない。

 

髙橋 5.5 前半の決定機を決めていればもう少し違った展開になったかもしれない。ただ攻撃に関与させれば得点が生まれそうな気配がするのはさすが。左足に持ち替えるパターンは相手に周知されているので、分かっていても止められない術を身につけるか、逆足の右を磨くかが次へのステップになる。

 

前川 5.5 縦へのスピードとボールを簡単には奪われない強さは今までの左のサイドにはない強みになった。今日の動きを見てもサイドに張るよりも中でプレーした方が怖そうな印象を受けた。1トップに置くともっと他の選手との違いが出せるかもしれないが、そうすると左に脅威となる右利きアタッカーがいなくなりそうなので悩むところ。

 

富山 6 今日の試合の殊勲となる同点ゴール。それ以外にも競り合いでの強さ、上手さを感じさせた。町野、鈴木国友を足して割ったような選手。1トップ下という自身にとっての新ポジションで輝けるかどうか今後に期待が持てる。怪我で途中交代したので今後が心配。

 

佐藤亮 5.5 ようやく本来のFWでの起用。去年からボールを持たず走り回らせた方が効果的だと思っていたが、開幕1試合目からこの出来なら今後も期待できる。パスの出し手と意識を共有できるようになればディサロのようになれるかもしれない。得点パターンは多分左足のみになりそうなのが残念だが、北九州のミナミーノになれると期待している。

 

本村 5.5 恐らく初の左SB起用だと思う。左をやられていたのでそこへのピンポイントの対応か。ディフェンス対応はCB出身だけあって強さをみせた。ウォーミングアップを見ていたがトラップが抜群に上手い、次節佐藤喜、野口と変わって出場すると思う。長い時間で見てみたい。

永野 5 本来のボランチでの起用。劣勢での起用となったが違いを見せられず、ロングパスもパスミスとなるなどレギュラーを取るのはまだまだ先になりそう。ボランチではなくトップ下の方が適応しそうな気はする。

新垣 5 性格のせいもあるのかもしれないが、およそ劣勢時に周囲を鼓舞できるタイプの選手ではなさそうに思える。選手間でのイメージは違うのかもしれないが。声、表情でそういったものが出しにくいのならプレー面で見せてほしいところ。

西村 5 富山の怪我によるスクランブル出場っぽかったが、4番目の交代としては決まっていたように見えた。一気にメンバーが変わりすぎた中での出場となってしまったためやや中途半端な立ち位置に本人も戸惑っているように感じた。役割をはっきりさせた中での起用を次は見たい。

平山 ー 出場時間が短いため採点なし。富山の怪我次第だと思うが、使われるとしたらトップではなくその1つ下でボールを上手く収められそうな選手に見えた。

 

小林監督 4.5 先発メンバー、特にディフェンスラインを見て、がっかりした感が少なくともあった。今日の試合は今年のスタイルは去年の継続とするのか、新たなスタイルへと転換するのかの判断になるのだろうか。もし継続ならば相当な苦戦が待ち構えていそうな気がしてならない。富山の怪我での交代がイレギュラーだったとしても何の変化も生み出せなかった交代は無策にしか見えなかった。水戸戦の選考はもう一度ゼロベースから考え直してほしい。

 

と、まぁ個人的な感想で言うと絶望的なディフェンス陣の弱さ。また明日追記しよう・・・。

いよいよ明日!

短いようで待ってる側には実に長い試合の行われない期間

 

ようやくJ2も開幕です。一足早くJ1は今日開幕し、先ほどまで川崎フロンターレと横浜Fマリノスの試合が行われていました。

試合も見ていましたが、去年とほとんど変わらないフロンターレに対し、何か新しいことにチャレンジしようとしつつあったマリノス。まだその部分を上手く見せられないうちにフロンターレにやられてしまった前半。

 

後半選手交代等で去年の戦い方に戻しつつ得点機会を狙っていましたが、前半の失点が響きそのまま無得点で終了。前半1-0だったらもうちょっと面白くなったかもしれなかった。

 

注目は、左ウイングにはいった高卒ルーキー樺山諒乃介選手。マリノスユースの子ですらトップ昇格するもそのまま試合に出ることが叶わずにレンタルされることも多い中、いきなりのスタメンデビュー。山根選手と相対してもどんどん仕掛けてよいプレーを見せていました。同じマリノスからレンタルされていた椿選手にあのくらいの強引さがあれば・・・。現在メルボルンでもベンチ、前節は出場機会もなかったようですし、下位にいるチームにあって奮起してほしいところ。そもそもメルボルンシティのやってるサッカーでは椿は活きない、活かせないという感じはしている。

とにかく、樺山選手、前半で変わってしまったのがとてももったいなく感じたのだが今後楽しみな選手が出てきたなぁと思いました。

 

 

そして明日いよいよ開幕戦、対アルビレックス新潟

 

天気は日ごろの行いがよいせいか晴れそう!観客の入り具合は土曜の昼のせいかイマイチっぽいけど。天気がよくなれば当日来る人も多いでしょう。

 

お相手新潟の気になる選手、本間至恩選手は言わずもがな。

その他は新加入となる谷口海斗、高宇洋、鈴木孝司選手。

やっぱり攻撃に絡んできそうな選手は気になる。ただ去年までいたファビオ、渡邉新太、中島元彦らと比べると、去年の方が怖かったんじゃないかなとも思う。

あとは高卒新加入の小見洋太選手。スタメンはないだろうけど後半途中からでてきたら怖そうな選手だと思う。

 

そして何といっても去年まで北九州でプレーしていた藤原奏哉。スタメンではないだろうけど、恐らくベンチには入ってくるはず。ただ今回ばかりはおとなしくしてもらって次節から頑張ってもらいたい。

 

 

今シーズンどういう戦い方を見せるのか気になる開幕戦

ガッツリ見てきたいと思います